【自動計算】利益率 / 売価 / 原価 を求める計算ツールと計算方法

100円で仕入れたものを20%の利益率を見込んで販売する場合、いくらで販売すればよいか?
数字を入力するだけでサクッと計算できるツールです。

原価 売価 利益率
①利益率を計算 %
②売価を計算 %
③原価を計算 %

いずれかの入力フォーム2つに数値を入力すると、残りの1つが自動的に算出されます。

原価および利益率から売価を求める方法

利益率は、販売金額(売値)に対して得られる利益の割合を指します。
慣れていないと、原価に対して売値を計算してしまうことがあるので、注意が必要です。
原価に対して得られる利益の割合は、マークアップ率(付加利益率)と呼ばれます。

例)100円で仕入れたものを、20%の利益率を見込んで販売する場合、

  • 100 × 1.2 = 120円
  • 100 ÷ (1 – 20 / 100) = 125円

少々ややこしい計算をしていますが、【原価 ÷ (1 – 利益率/100)】と覚えてしまうのが簡単です。
(パーセント表記を小数に変換し、1から引いたものを原価で割る)

上の例であれば、以下のようなステップで計算できます。

  1. 20% = 0.2
  2. 1 – 0.2 = 0.8
  3. 100 ÷ 0.8 = 125円

割合の計算方法や計算ツールは、以下記事で公開しています。

利益率とは?

利益率とは、売上に対してどれくらいの利益を生み出しているかをパーセンテージで表す指標です。

利益率の中にもいくつか種類があり、よく耳にするのは以下の3つです。
ここではざっくりした説明のため、より正確・詳細な情報は専門書籍やサイトなどでご確認ください。

粗利益率
売上高 - 原価 売上高
× 100 粗利益率

売上から、製品やサービスを提供するための直接的なコスト(仕入値など)を差し引いたもの(売上総利益)と、得られる売上高との関係を示します。売上原価利益率と呼ばれることも。

本サイトのツールは、正確には 粗利益率 の計算となります。

営業利益率
営業利益 売上高
× 100 営業利益率

売上総利益から、販売費および一般管理費(事業運営上必要な、事務所の家賃や光熱費、人件費、物流費など)を差し引いたもの(営業利益)と、売上高の関係を示します。

純利益率
純利益 売上高
× 100 純利益率

売上高から全経費を差し引いた後の利益(純利益)と、売上高の関係を示します。
純利益は、「税引後利益」「最終利益」「当期純利益」と呼ばれることもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次