「アウトライン化」とは? 入稿データに求められるイラレ技術(後編)

Illustratorでアウトラインはどう描く?デザインの「アウトライン化」とは?(後編)

文字や画像データをアウトライン化するには?

本記事では、ADOBE社のIllustrator(イラストレータ)を使用したアウトライン化の具体的な方法について解説します。

「アウトラインってそもそも何?」「なんでアウトライン化が必要なの?」といった背景部分は前編の方にまとめています。よろしければそちらもご覧ください。

目次

アウトラインの確認方法

アウトライン化する前に、今のアウトラインがどうなっているかを確認しておきましょう。
以下の通りIllustratorの表示方法を変更するだけで簡単に確認できます。

アウトラインがない画像データ

アウトラインが存在する画像形式はAIやEPSで、JPG/PNG/GIFなどの一般的な画像形式や、ワード/エクセル/パワポなどのソフトに保存されている画像に、アウトラインはありません。
PCにIllustratorがない場合も、まず画像の拡張子を確認してみてください。

Illustratorでの確認手順

STEP
アウトラインを確認したい画像をIllustratorで開く
アウトラインの確認手順1

Illustratorで画像を開くには? → 以下のどちらかを試してみてください
・画像を「右クリック」→「プログラムから開く」or「アプリケーションで開く」→「Illustrator」をクリック。
・Illustratorを開いた最初の画面で、「【Ctrl】or【⌘】+【O】」→ 確認したい画像を選択。

STEP
上方の「表示」タブを開き、「アウトライン」を選択
アウトラインの確認手順2

いちいち選択するのが面倒な方は、ショートカットキー:【Ctrl】or【⌘】+【Y】でもOKです。

STEP
アウトラインがあれば線が表示される

アウトラインがあればアウトライン(線)が表示され、なければ何も表示されません。

アウトラインの確認手順5
アウトラインがあればアウトライン(線)が表示される

アウトライン化を始める前に、元データがないか確認

「名入れ業者からアウトライン化を求められたけど、手元にあるのはJPGやPNG、もしくはPowerPointに貼った画像など、アウトラインのないデータしか持っていない…」

そんなときにまず確認したいのが、デザインの元データはないか?です。

特に会社ロゴを入れる場合などは、ロゴのデザインをIllustratorで作成していることが多く、その場合はAIやEPSといった形式の画像データがあるはずです。
これらの画像形式であれば基本的にアウトラインが残っているはずなので、社内関係者(広報や総務など)に確認してみましょう。

尚、JPGやPNGでも本記事の方法を使えばアウトライン化は可能です。
が、どんなに高画質の画像でも、細かい部分まで再現することはできません。
印刷・納品後に、「あれ、ロゴの形が微妙に違う」とならないよう、Illustratorで作られた元データがないか確認しておきましょう。

ロゴには形の他、色や各パーツの配置にも細かい規定を設けている場合があります。
あとで社内関係者からつっこまれないためにも、事前に広報や総務などに確認してから入稿するのがオススメです。

アウトライン化の手順

Illustratorを使ってアウトライン化する方法を解説します。
JPGやPNGなどのアウトラインのない画像でも、高画質でシンプルなデザインであれば簡単にアウトライン化ができますので、参考にしてみてください。

細部まで100%正確なアウトライン化は基本的にできません。
AIやEPSで作られた元データがなく、細かい部分にはこだわらない場合の対応です。

文字のアウトライン化

文字のアウトライン化が必要なデータは?

文字情報がある(文言やフォント、文字サイズなどを変更できる状態)データに限ります。
AIやEPS、PSDなど。PowerPointなどのOfficeソフトで作成したデータも文字情報が含まれる場合があります。

一方、JPGやPNG、GIFなどは文字も画像として認識され、文字情報は保持されません。
これらのデータをアウトライン化する場合は画像のアウトライン化へ進んでください。

多くの名入れ業者から求められるのが、文字のアウトライン化です。

文字がアウトライン化されていないと、名入れ業者のPCでデザインデータを開いたときに文字のフォントが変わってしまったり、文字化けを起こしたりすることがあります。

Illustratorさえあれば、文字のアウトライン化は簡単に対応できます。
正確なデザインを伝えるためにも、以下の手順でアウトライン化をしてから入稿するようにしましょう。

IllustratorがPCにないなど、自分で対応できない場合はどうすれば?

使われているフォントの種類(メイリオやゴシックなど)を名入れ業者に伝えておき、業者側で対応してもらえないか相談する手もあります。

ただ有料フォントなど特殊な場合、業者のPCにフォントがない場合もあります。
こうなると基本的に対応できませんが、業者によっては後述の画像のアウトライン化にしたがって対応できる場合もあります。(ただし、高画質の画像データが必要です。)

尚、Acrobat DCなど別ソフトで対応できる方法もあるようです。(これは別の記事で解説しようと思います。)

文字がアウトライン化されている状態・されていない状態

アウトライン化されている文字

文字情報がない状態 = 一つの「図形」として認識されている状態。
文字ではなく図形として保持されているので、あとで文言やフォントなどを修正することはできません。

一方、文字の形を自由に変えられるというメリットもあります。

文字情報なしの場合の表示
アウトライン化されている(文字情報がない)ときの表示
アウトライン化されていない文字

文字情報がある状態。
具体的には、あとで文言を修正したり、フォントやサイズ、色などを変えたりできる状態。
「テキストボックスで文字を挿入しただけの状態」といえばわかりやすいかも。

通常は、あとから修正可能なこちらの方が便利。あえてアウトライン化する意味はあまりありません。

文字情報ありの場合の表示
アウトライン化されていない(文字情報がある)ときの表示

アウトライン化の手順

STEP
Illustratorでデータを開き、アウトライン化したい文字を選択
文字のアウトライン化手順1

Illustratorでデータを開くには? → 以下のどちらかを試してみてください
・画像を「右クリック」→「プログラムから開く」or「アプリケーションで開く」→「Illustrator」をクリック。
・Illustratorを開いた最初の画面で、「【Ctrl】or【⌘】+【O】」→ 確認したい画像を選択。

STEP
上方の「書式」タブを開き、「アウトラインを作成」を選択
文字のアウトライン化手順2
クイック操作に「アウトラインを作成」が表示されていることも。
※Illustratorのバージョンによります。
STEP
文字にアンカーポイントが表示される
文字のアウトライン化手順3
STEP
アウトラインを表示してみると、ちゃんと線が表示される
文字のアウトライン化手順4

アウトラインの表示方法はこちら

画像のアウトライン化

JPGやPNGなど、画像をアウトライン化する方法は主に2つあります。

  1. 画像トレースを使う
  2. 自分でパス(アウトライン)を描く

基本的には「1|画像トレースを使う」が簡便な方法ですが、デザインの形状が複雑で画質が悪かったり、色数が多い場合にはうまくいかないことも。
その場合、より高画質な画像を使うか、かなり面倒ですが自分でアウトラインを描くこともできます。

順に、具体的な手順を解説します。

画像トレースを使う

STEP
Illustratorでアウトライン化したい画像を開き、
画像を選択している状態で「画像トレース」をクリック
画像のアウトライン化手順1
クイック操作に「アウトラインを作成」が表示されていることも。
※Illustratorのバージョンによって表示は異なります。

「画像トレース」をクリックすると、トレース結果のプレビューが表示されます。
(Illustratorのデフォルト設定によりますが、STEP2の画像のように白黒で表示されることも)

Illustratorで画像を開くには? → 以下のどちらかを試してみてください
・画像を「右クリック」→「プログラムから開く」or「アプリケーションで開く」→「Illustrator」をクリック。
・Illustratorを開いた最初の画面で、「【Ctrl】or【⌘】+【O】」→ 確認したい画像を選択。

STEP
画像トレースの詳細画面を表示

プリセット横のアイコンをクリックすると、画像トレースの詳細設定ができる画面が表示されます。

画像のアウトライン化手順2
STEP
詳細画面で色や輪郭などを調整
画像のアウトライン化手順3

色を付ける場合はカラーモード、輪郭を修正する場合はパスやコーナーを変更し、自然な形になるよう整える。

後述しますが、低画質な画像ではトレースがうまくいきません。
入稿時に高画質な画像データを求められる理由の一つはここにあります。

STEP
調整後、「拡張」をクリック

「拡張」=「トレース結果を決定」という意味です。
クリックすると、画像に青い輪郭線とアンカーポイント(青い点)が生成されます。
これでアウトラインができました!

画像のアウトライン化手順4−2
トレース詳細修正後、「拡張」クリック前
画像のアウトライン化手順4
「拡張」クリック後
STEP
アウトラインができているか確認
画像のアウトライン化手順5

アウトラインの表示方法はこちら

画像が低画質の場合…

画像データの画質が低い場合、画像トレースがうまく機能しません。

画像のアウトライン化手順6
左:Illustratorで表示した画像 / 真ん中:画像トレース後 / 右:アウトライン表示

試しに72dpiの画像データでトレースしてみました。
なんとなく輪郭はとれているものの、一部ぎこちない輪郭になっているのがわかります。

入稿データには350dpi以上の画質を求められるのは、業者でアウトライン化する場合にこのような不具合が発生してしまうからなのです。

自分でパス(アウトライン)を描く

画像トレースがうまくいかない場合、最終手段として自分でパス(アウトライン)を描くことになります。

画像によって手順は変わるため、具体的な方法は省きますが、楕円形ツールや長方形ツール、ペンツールなどを駆使して描くことになります。複雑なロゴだと、Illustratorに慣れていたとしてもかなり大変な作業です。

また作業者の感覚に頼って描くことにもなるため、大まかな輪郭は表現できても細部はざっくりした形になってしまいます。(自分でパスを描く=画像トレースできないほど粗いデータのため)

アウトライン化したデータが依頼者のイメージと異なってしまいトラブルになることも。

これらの理由から、アウトライン化されていない低画質なデータは入稿に適さないのです。

パス(アウトライン)を描くのは最終手段!
手間とトラブル回避のため、入稿にはなるべく高画質(350dpi以上)なデータを送るようにしましょう。

まとめ

以上、本記事ではIllustratorを使ったアウトライン化の手順について解説しました。
簡単にまとめると以下の通りです。

  • 入稿データにアウトラインがあるか確認(詳細はこちら
  • 入稿データに文字情報が含まれているか確認(詳細はこちら
    • 含まれている場合、文字のアウトライン化
  • 文字以外の画像データは「画像トレース」で、それが難しい場合は「自分でパスを描く」(詳細はこちら
    • 「画像トレース」できるような高画質データを用意しておくのが基本

これから入稿をお考えの方や、入稿データのアウトライン化をしたい方の参考になれば嬉しいです。

尚、【前編】ではアウトライン化の目的などについてまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ノベルティグッズのECサイトを運営する中小企業役員。
本ブログを通じ、販促向けの最新/ロングセラー商品紹介やWebサイト制作に役立つ技術情報を発信しています。

目次