【JavaScript&CSS】一定時間毎に表示がフワッと変わる

JavascriptとCSSで一定時間ごとに表示をフワッと切り替えていく方法

JavaScript のsetInterval()関数とCSSの@keyframesを組み合わせ、一定時間毎に表示がフワッと変わる実装方法を紹介します。

なお、フワッとではなく瞬時に切り替えるだけなら以下記事で紹介しています。(本記事はその応用編です。)

また、クリックで能動的に表示を変える方法(カルーセル)も公開しています。

いずれも自分の学習・メモ用がメインですが、プログラミング学習初心者の参考になればと思います!

目次

実装例とコード

以下のテキストが、3秒毎にふわっと変わっていきます。
(「こんにちは!」→「Hello!」→「你好!」→「Bonjour!」→「Guten Tag!」の繰り返し)

こんにちは!

Hello!

你好!

Bonjour!

Guten Tag!


複雑なアニメーションには、CSSプロパティの@keyframesを使います!
以下のように記述することで、特定の要素に多様なアニメーションがつけられます。

div {
  animation: 1s xxx;
}

@keyframes xxx {   /* xxxは好きな名前でOK */
  0% {
    /* 変化前の状態 */
  }
  50% {
    /* 変化中の状態。%の値は自由に決められ、複数用意してもOK。 */
  }
  100% {
    /* 変化後の状態 */
  }
}

上の例のように、@keyframeで変化の内容を記述し、変化をつけたいスタイルにアニメーション名と変化時間を記載します。これでdiv要素には、@keyframesに設定したアニメーションが1秒かけて実装されます。

シンプルなアニメーションについてはこちら

マウスホバーやボタンクリック(タップ)に反応するような、シンプルなアニメーションには「transform」や「transition」を使います。以下のような実装に向いています。

特定の処理を繰り返し実行するには、JavaScriptの「setInterval()」関数を使います!
以下のように記述することで、特定の要素に多様なアニメーションがつけられます。

第1引数に繰り返したい関数(関数名の後ろに()は付けないこと)、第2引数にミリ秒単位の数字を設定すると、設定した関数がミリ秒単位で繰り返し実行されます。

function show() {
  console.log('hello');
}

setInterval(show, 1000);

上の例では、1000ミリ秒(1秒)毎にshow関数が実行されます。

以下、実装例のHTML・CSS・JavaScriptコードです。

HTML/CSS/JavaScript
<p class="message appear">こんにちは!</p>
<p class="message">Hello!</p>
<p class="message">你好!</p>
<p class="message">Bonjour!</p>
<p class="message">Guten Tag!</p>
  • 予め表示したいテキストすべてを記述しておき、CSSの「display: none;」と「display: block;」を使って最初に表示したいものだけを表示させておく。
.message {
  display: none;
  text-align: center;
}

.message.appear {
  display: block;
  animation: 2s fadeIn;
}

@keyframes fadeIn {
  0% {
    opacity: 0;
  }

  100% {
    opacity: 1;
  }
}
  • 「display: none;」と「display: block;」を使い、appearクラスがついたテキストだけが表示されるようにする。
  • @keyframesでは、初期(0%)はopacityを0、変化後(100%)はopacityを1とする。さらに表示テキストのクラスに2秒のanimationを設定することで、2秒かけてopacityが0から1になるアニメーション(ふわっと表示)が付けられる。
const messages = document.querySelectorAll('.message');
let i = 1;

function messageAppear() {
  if (i > 4) {
    i = 0;
  }

  messages.forEach(message => {
    message.classList.remove('appear');    
  });

  messages[i].classList.add('appear');
  i++;
}

setInterval(messageAppear, 3000);
  • setInterval関数を使い、appearクラスを3秒毎に付け外しする。appearクラスが付くとCSSで設定した@keyframesのアニメーションが起動し、連続してフワッとした表示になる。

応用例

前回の記事 で紹介した関連記事を3秒毎に変更する方法も、こんな風にふわっと表示切り替えができます。

3秒毎に記事が変わるよ
【Webデザイン集】コピペで使えるWebコーディング(HTML/CSS/JavaScript) Webサイトやアプリで使われている『Webデザイン』や『UI』の実装例を纏めました。(随時更新中)実装方法などは別記事にコードなどを公開していますので、気になる実装…
3秒毎に記事が変わるよ
【CSS】画面サイズに応じて表示を変える方法(メディアクエリ) @media (min-width: ){}を用いたレスポンシブデザインのコードを紹介します。スマホ・タブレット・PCの3つを想定し、それぞれで表示される内容やレイアウトを変えられま…
3秒毎に記事が変わるよ
【JavaScript&CSS】ボタンを押したらメッセージを表示する方法4選 以下のような、ボタンクリック(タップ)でメッセージを表示する方法を紹介します。 アラート ボタン1 OKボタン付きのダイアログボックスを表示。 実装方法はこちら アコ…
3秒毎に記事が変わるよ
【CSS】画面に追従するボタンやバナーを作る方法 画面をスクロールしても表示が固定される、フッターボタンやサイドバナーを作るには? 本ページ下側:問い合わせのボタンが、画面をスクロールしても常に表示されていま…
3秒毎に記事が変わるよ
【JavaScript&CSS】クリック(タップ)で画像を拡大させる transform: scale;を使って、画像や図形を拡大表示させる方法を紹介します。自分の学習・メモ用がメインですが、プログラミング学習初心者の参考になればとも思います!…

Webサイトのトップページで見かける、メイン画像がフワッと切り替わっていくような実装にも使えそうですね。
ぜひ、いろいろな使い方を模索してみてください!


当サイトで公開しているWebデザインやUIの実装例は、一覧として以下記事に纏めています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次