【EC-CUBE 4】JavaScriptの簡単設定と反映方法

  • ページに自分好みのアクション(テキストを変えたり、アラートを表示したり)を付けるには?
  • JavaScriptをページごとに管理するには?
  • JavaScriptを設定したのに反映されないのはなぜ?

この記事では、EC-CUBEでJavaScriptをカスタマイズする方法とトラブル対処法を、実例を交えつつ解説しています。
EC-CUBE 4のカスタマイズを行いたい方の参考になればと思います!
CSSのカスタマイズについては こちらの記事 にまとめています。

【動作環境】
EC CUBEのバージョン:4.1.2
サーバー:Xserver
ブラウザ:Google Chrome

目次

JavaScriptをカスタマイズする3つの方法

EC-CUBEでJavaScriptをカスタマイズするには、CSSと同じく以下の3つの方法があります。

  1. 管理画面の「JavaScript管理」から、カスタマイズ用JavaScript(customize.js)にコードを書く。
  2. JavaScriptをカスタマイズしたいページ(Twigファイル)にコードを書く。
  3. オリジナルのJavaScriptファイルを作成し、反映させたいページ(Twigファイル)にそれを読み込ませる。

デフォルトで用意されているJavaScriptファイル(html/template/default/assets/js下にある)を修正する方法もあります。が、後で修正できなくなったり意図しないエラーが出たりすることもあるので、デフォルトのファイルをいじるのは基本的にオススメできません。

今回は管理画面から作成した以下のページを用意して、JavaScriptのカスタマイズを実践していきます。
CSSカスタマイズの記事で作成したページの一部を引き続き使います。

【Javascriptカスタマイズ前に用意したページはこちら
URL

(ドメイン名)/user_data/test

Twig

app/template/user_data/test.twig

test.twig
{% extends 'default_frame.twig' %}

{% block stylesheet %}
<style>
    #greeting,
    #custom-btn {
        font-size: 20px;
        color: red;
        font-weight: bold;
    }
    
    #custom-btn {
        margin: 30px 0;
        background-color: black;
        color: white;
        font-size: 20px;
        border-radius: 4px;
    }
</style>
{% endblock %}

{% block main %}
<h1>カスタムCSSとJavascriptのテストページです</h1>
<p id="greeting">こんにちは!</p>
<button id="custom-btn">テキストを変える</button>

{% endblock %}

Twigファイル内にCSSを書き込んで、デザインをカスタマイズしています。
またテキストとボタンには、あとで操作しやすいように「id」を設定しています。

以下のようなページが表示されるはずです。

個別にCSSファイルを作成し、Twigでそれを読み込む方法
初期ページ(編集前)

本記事では、「テキストを変える」ボタンをクリックすることで実際にテキストを変えてみます。

JavaScript管理からカスタマイズ用JavaScriptファイルにコードを書く

1つ目は、『EC-CUBE管理画面 > コンテンツ管理 > JavaScript管理』で表示されるコード画面に記載する方法です。

通常のJavaScript同様にコードを記述することで、書かれたJavaScriptの内容がすべてのページに反映されます。
特別な操作は必要なく、CSS同様にもっとも簡単な方法かと思います。

カスタマイズ用Javascriptファイルを用いたカスタマイズ例はこちら】
customize.js
/* カスタマイズ用Javascript */
const greeting = document.getElementById('greeting');
const customBtn = document.getElementById('custom-btn');

customBtn.addEventListener('click', () => {
    greeting.textContent = 'HELLO!!!';
});

id = greeting, custom-btnの要素を取得したあと、「custom-btn(ボタン要素)をクリックしたらgreetingのテキスト(こんにちは)に『HELLO!!!』を代入する」というコード。

JavaScript変更前と変更後のページを比較してみると、ちゃんとJavaScriptが適用されました。

JavaScriptコード記述前
JavaScript変更前(初期)
customize.jsにコードを記載して反映
JavaScript変更後

この方法の欠点もCSS同様、カスタマイズのファイル(costomize.js)がデフォルトでは一つしかないため、カスタマイズを進めれば進めるほどコードが長くなっていき、見通しが悪くなります。(どのJavaScriptがどのページに反映されているかわかりづらい。)

あとでメンテナンスが大変ですし、意図しないページにまでJavaScriptが反映されてしまうと面倒ですよね。
そこで、次にページごとにJavaScriptを反映させる方法を紹介します。

ちなみに、ここで記述したファイルは「html/user_data/assets/js」下に保存されています。

customize.js保存場所

JavaScriptを反映させたいページに書く

2つ目は、JavaScriptを反映させたいページ(Twigファイル)に記述する方法です。
この方法の良いところは以下の2つ。

  • 反映させたいページのみに反映させられる
  • 1つ目の方法よりJavaScriptの内容が確認しやすく、修正も簡単

やり方は、JavaScriptを反映させたいページ(Twigファイル)に以下コードを記述するだけです。

{% block javascript %}
<script>
  /* ここにJavaScriptコードを書く */
</script>
{% endblock %}

直接Twigファイルに記述するので、あとで確認や修正が簡単ですね。
コード量が少ないときはこの方法がオススメです。

TwigファイルにJavaScriptコードを記述するカスタマイズ例はこちら】
test.twig
{% extends 'default_frame.twig' %}

{% block stylesheet %}
<style>
    #greeting,
    #custom-btn {
        font-size: 20px;
        color: red;
        font-weight: bold;
    }
    
    #custom-btn {
        margin: 30px 0;
        background-color: black;
        color: white;
        font-size: 20px;
        border-radius: 4px;
    }
</style>
{% endblock %}

{% block main %}
<h1>カスタムCSSとJavascriptのテストページです</h1>
<p id="greeting">こんにちは!</p>
<button id="custom-btn">テキストを変える</button>

{% endblock %}

{% block javascript %}
<script>
    const greeting = document.getElementById('greeting');
    const customBtn = document.getElementById('custom-btn');
    
    customBtn.addEventListener('click', () => {
        greeting.textContent = 'HELLO!!!';
        greeting.style.color = 'blue';
    });
</script>
{% endblock %}
  • コードの前半にCSSを記述して、デザインをカスタマイズしています。
  • コードの後半にJavaScriptを記述しています。ボタンをクリックすると、「こんにちは!」のテキストを「HELLO!!!」に変え、さらにテキストの色を「赤」から「青」に変えられます。

「テキストを変える」ボタンを押すとテキストが変わり、JavaScriptが適用されていることを確認できました!

JavaScriptコード記述前
JavaScript変更前
Twigファイル内にJavaScriptコードを記載して反映
JavaScript変更後

なお、{% block 名前 %} 〜 {% endblock %} というTwig特有の記法については以下記事にて。

JavaScriptのメンテナンスがしやすくはなりました。が、コード量が増えてくるとTwigファイルがどんどん長くなり、これはこれで見通しが悪くなってしまいます。

また、ブロックとしてTwigファイルを使いまわす場合は、そのブロックを使うページ全体に記述したJavaScriptが適用されてしまうため、意図しないエラーが発生する可能性もあります。

そこで最後に紹介するのは、JavaScriptを複数のファイルに分けて保存し、Twigファイルから特定のJavaScriptファイルを読み込んで適用させる方法です。

ファイル管理にオリジナルのJavaScriptファイルを作成し、それを読み込ませる

3つ目は、JavaScriptファイルを複数用意しておいて、JavaScriptをカスタマイズしたいページ(Twigファイル)から適用したいJavaScriptファイルを読み込む方法です。

この方法を使うことでTwigファイルとJavaScriptファイルを分けることができ、よりコードの可読性が上がります。
また別のページでも同じJavaScriptを反映させたい場合、同じJavaScriptファイルを読み込ませるだけで済むのも利点ですね。

オリジナルJavaScriptファイルを保存し、Twigファイルから読み込ませる手順
  1. VS codeなどのエディターを使って、JavaScriptファイルを作成する。
  2. 作成したJavaScriptファイルを、『EC-CUBE管理画面 > コンテンツ管理 > ファイル管理 > assets > js』下にアップロードする。(または、ファイルサーバーから「html/user_data/assets/js」下にアップ。)
  3. Twigファイルに以下コードを記述し、適用したいJavaScriptファイルを読み込ませる。
    上述の通り、CSSの場合と記述場所が異なる点には注意。
{% block javascript %}
    <script src="{{ asset('assets/js/test.js', 'user_data') }}"></script>
{% endblock %}

JavaScriptファイルを事前に用意する必要があるので少し煩雑に感じるかもしれませんが、これで通常1個しかないJavaScriptファイル(customize.js)を複数用意することができます。

機能がまとめられてメンテナンスしやすくなり、がっつりカスタマイズする場合はこの方法が一番オススメです。

【JavaScriptファイルを複数に分けてTwigファイルから読み込ませるカスタマイズ例はこちら】

以下のJavaScriptファイル(test.js)を作成し、『EC-CUBE管理画面 > コンテンツ管理 > ファイル管理 > assets > js』下にアップ。

test.js
const greeting = document.getElementById('greeting');
const customBtn = document.getElementById('custom-btn');

customBtn.addEventListener('click', () => {
    greeting.textContent = 'HELLO!!!';
    greeting.style.color = 'blue';
    alert('テキストが変更されました');
});

ボタンをクリックすることでテキストの内容と色を変更し、さらに「テキストが変更されました」というアラートを表示させる。

続いてTwigファイルを以下のように修正。

test.twig
{% extends 'default_frame.twig' %}

{% block stylesheet %}
    <link rel="stylesheet" href="/html/user_data/assets/css/test.css">
{% endblock %}

{% block main %}
<h1>カスタムCSSとJavascriptのテストページです</h1>
<p id="greeting">こんにちは!</p>
<button id="custom-btn">テキストを変える</button>

{% endblock %}

{% block javascript %}
    <script src="{{ asset('assets/js/test.js', 'user_data') }}"></script>
{% endblock %}

CSSも別ファイルに移し、コードをスッキリさせました。(CSSファイルの移し方はこちら

適用前後のページを比較してみると、ちゃんとJavaScriptが適用されてアラームが表示されました。

個別にCSSファイルを作成し、Twigでそれを読み込む方法
JavaScript変更後
個別にJavaScriptファイルを用意してそれを読み込ませる方法
JavaScript変更前

JavaScriptが反映されないときの対処法

コードを記載したのに、なぜかJavaScriptが適用されない!?

JavaScriptやCSSなどのカスタマイズが反映されない主要因は、「キャッシュ」が残っていることによるものです。
キャッシュが残っていると、いくら画面をリロード(更新)してもページが変わりません。

EC-CUBE管理画面からキャッシュを削除することに加えて、ブラウザ側のキャッシュも削除してみましょう。

キャッシュの削除は『EC-CUBE管理画面 > コンテンツ管理 > キャッシュ管理』から削除できます。

ブラウザ側のキャッシュはブラウザの設定画面から行うか、全てのキャッシュを削除して再読み込みを行う『スーパーリロード』を行います。

上記の方法で解決しない場合は、シンプルにコードの記述ミスが原因と思われます。
ここは一概にいえませんが、「ページを右クリック→検証」で状況を確認しながら、地道にコードを確認していきましょう。

まとめ

以上、EC-CUBEでJavaScriptをカスタマイズする方法と、そのトラブルについて解説しました。

JavaScriptのカスタマイズ方法は複数あり、それぞれにメリットがあるので、どの方法でもカスタマイズできるようになっておくとベターです。
ぜひ、いろいろ試してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ノベルティグッズのECサイトを運営する中小企業役員。
本ブログを通じ、販促向けの最新/ロングセラー商品紹介やWebサイト制作に役立つ技術情報を発信しています。

目次