ノベルティとは? その目的や効果、グッズの選び方など

ノベルティとは?

当サイトのメインテーマである「ノベルティ」。
そもそもどのような定義で、どのようなグッズを「ノベルティ」と呼ぶのでしょうか?

改めて、その意味合いや目的、効果、グッズの選び方について考えたいと思います。

ロゴ入りノベルティの数々
目次

ノベルティの定義

まず「ノベルティ」をWikipediaで調べてみると、以下のような書き出しで紹介されています。

ノベルティ(novelty item)とは、「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。「ノベルティアイテム」「ノベルティグッズ」などとも言う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3

言葉を選ばずにいうと・・・
「自分たちの商品やサービスを売るために、それらを買ってくれそうな見込み客を釣るための”タダ” もの(おまけ商品など)」といえます。(多少強引ですが。)

具体例をあげるとするならば、

  • 駅や街頭などでのポケットティッシュ配り(バラマキ)
  • スーパーや百貨店などで渡されるちょっとしたサンプル
  • 展示会場などで渡される企業名もしくはロゴ入りのペンやバッグ

こういったものが、日常生活やビジネス現場でよく目にする光景です。
私も、通勤途中や展示会などのイベントでよく受け取っていました。(たまにスルーしたりも・・・汗)

ところで、日本語としての「ノベルティ」には記念 “品” までの意味合いを含むため、「ノベルティグッズ」や「ノベルティアイテム」ではグッズ or アイテム部分が被るのかな?と思っていましたが、いずれも同じ意味合いで使われているようなのであまり気にしなくて良さそうです。

ノベルティの語源や購入者への特典である「プレミアム」との違いなど、もう少し詳しく述べていきたいところですが、ちょっと長くなりそうなのでこれはまた別記事にしますね。

ノベルティの販促効果

会社勤めの営業マンの多くは、自社の社名やロゴの入ったペンや付箋、メモ帳などを配ったことがあるのではないでしょうか? また、年末シーズンのカレンダーや手帳配りは一種の恒例行事ですよね。

ただ、これらを配る意味合いについて考えたことはありますか?
「毎年やっているから・・・」「他社もやっているから・・・」という理由で、なんとなく配布しているという方もきっと多いはず。(私もそうでした)

ノベルティの目的は冒頭の通り ” 自社や商品の宣伝 ” です。
つまり、ノベルティを配ることによって自社や商品の知名度を向上させ、最終的に集客数や売上アップに繋げていかなければなりません。

ノベルティを配ることでなぜそのような効果が得られるのかは、単純接触効果返報性の原理ピークエンドの法則 といった人間心理に基づくものが挙げられます。

詳細は以下の記事で纏めていますが、何度も目に触れさせることで親近感を持たせたり、無償品として渡すことでお礼(この場合は商品・サービスの購入)を促したりすることができます。

特に単純接触効果が強力で、グッズを使用するうちに自然な形で好意を抱いてくれるようになります。

販促効果の測定方法

では、その効果を測定するにはどうすれば良いでしょうか?
比較的すぐに測定できる簡単な方法と、中長期的に観測が必要な方法を解説します。

1.企業や商品のWebサイトもしくはSNSに誘導する

最近よく用いられている効果測定の方法で、ノベルティのパッケージや商品そのものにQRコードを印字し、WebサイトもしくはTwitterやFacebookなどのSNSにアクセスしてもらう方法です。

サイトアクセス数の変化は、グーグルが無償で提供しているサーチコンソールを使えば簡単に履歴を追えます。
またSNSの場合は、新規フォロワーやいいねの数がどう変化するかを見ることで集客効果を確認できます。

ちなみQRコードは、インターネットの無料発行サイトでかんたんに作成することができます。

またQRコードをグッズに印刷する注意点として、コードが小さすぎたり粗すぎたりするとスマホ等で読み取れなくなります。
下手をすると逆効果になってしまうので、ちゃんと読み取りできるかどうかのチェックは必ずしてください!

2.中長期的な目線で、集客数や売上増減を比較する

インターネット普及前から行われている、一般的で一見シンプルな方法です。
(「一見」としたのは、後述の通り実は複雑です。)

掛かる費用は基本的に、①ノベルティ準備費用 と ②ノベルティを配るための人件費 になるかと思います。(厳密には、ノベルティを準備するための人件費などが必要な場合もあります)
その費用と、配布後に得られた新規顧客獲得数や利益増分を比較して、コストパフォーマンスを確認する方法です。

ノベルティの価格はモノによって様々ですが、仮に1つ100円として1000個配れば、ノベルティ準備費用は10万円。人件費をざっくり2万円とした場合、12万円以上の利益が上乗せされれば、コスト以上の利益が得られたと判断できますね。

問題は、「その効果をどれくらいの期間で判断するか」です。

そもそもノベルティの効果は、時間経過に伴って徐々に発揮されるもの。
企業ロゴなどの名入れ商品が市場に出回ることで徐々に知名度がアップし、集客数や売上も徐々に伸びていく、という中長期的な目線が必要です。

これは企業ブランドの向上、すなわちブランディング戦略にも繋がる部分です。
特に「ブランド価値を高めて市場認知度を向上し、長期的な販促活動にしたい」と考えるのであれば、この点を見逃すわけにはいかないでしょう。

ただ、長期的な取り組みになる分だけ効果測定が難しく、具体的にいつから、どれくらい、というのは、ノベルティの質や量に加えて、市場動向などにも左右されるため、一概に言えません。

個人的な感触では、最低でも半年~一年くらいの期間をかけて測定したいところ。
例えば、四半期ごとにサイト訪問件数や売上の推移を確認にし、前期からの伸び率を比較するような方法が考えられますね。

ノベルティの選び方

最後に、「多種多様なノベルティの中からどれを選んだら良いか?」を考えてみたいと思います。

まず、あの有名企業・LION(ライオン)が2016年に実施したアンケートを見てみましょう。

質問: どのようなノベルティーなら受け取りますか?

65% ・・・実用的なもの
18% ・・・好きな企業やサービスのもの
8%   ・・・かさばらないもの
5%  ・・・オリジナリティーのあるもの
4%  ・・・その他

https://www.lion-novelty.com/blog/b00002/ より

この結果を見て分かる通り、約3分の2にあたる回答者が「実用的なもの」を求めているようです。

また、企業の知名度アップを目的とした場合、当然ながらその企業のことを知らない人に対してノベルティを配布する必要があるわけなので、第二位の「好きな企業やサービスのもの」を求める回答者は狙えないことになります。

すなわち、このアンケートの結果をみる限りは「いかに実用的であるか」がポイントで、目新しさなどはほぼ求められていない、ということになります。

実用的なノベルティとは?

それでは、実用的なものとは具体的に何でしょうか?
先程のライオンのブログでは、「あなたがもらって嬉しいと思えるノベルティはどのようなモノですか?」というアンケートも実施しています。その結果によると、以下のようなものが好まれるようです。

質問: あなたがもらって嬉しいと思えるノベルティはどのようなモノですか?

1.文房具      …クリアファイルやボールペンなど
2.日用消耗品    …衣料用・台所用洗剤やハミガキなど
3.調理関連消耗品  …クッキングペーパーやラップなど
4.エコ商品     …エコバッグやマイボトルなど
5.リラックス品   …冷却シートや入浴剤など
6.生活雑貨     …タオルやハンカチなど
7.日用雑貨     …タンブラーやブランケットなど
8.キッチン用品   …シリコンスチーマーやまな板シートなど

https://www.lion-novelty.com/blog/b00002/ より

年代や性別を問わず日々の生活でよく使われるものが、なんだかんだ人気が高いようですね。
確かに日用品などは、生活をしていく上で誰でも買わなければならないもの。それらが無料でもらえるとなれば…私も嬉しいです。笑

実際に、これらのグッズは各ノベルティメーカーの定番商品となっています。
毎シーズン色々な商品が登場し、同じ用途のグッズでも少しでも他と差別化して、消費者の目に止まるデザインと使いやすい機能、そして持ち運びやすさ(携帯性)を追究しています。

また最近では、新型コロナウイルスの影響から除菌スプレーやマスクなどの衛生用品、地震や大雨といった災害対策のための防災用品なども、人気が高まっていますね。

各グッズは用途やシーズン別に記事にまとめていますので、よろしければ以下リンクよりご覧ください。

より喜ばれて販促効果もあるノベルティへ

いくら実用的なものが好まれるとはいえ、いつも同じようなペンやふせん、その他日用品ばかりではちょっと面白味にかけますよね。何より、他社品とも被ってしまって会社名や商品名が記憶に残らず、期待の販促効果(知名度アップによる集客数・売上増)が得られないとなれば、本末転倒です。

では、お客さんにも喜ばれてかつ期待の販促効果も得られるノベルティとはどんなものでしょうか?

まず思いつくのは、会社名や企業ロゴなどを商品にプリントする「名入れ」です。
同じ用途の商品が多いからこそ、外観に差異を付けつつ自社の宣伝ができる名入れは、名入れデザインさえあればあまりコストも掛からないお手軽な方法です。

次に思いつくのは「アイデア商品」です。
それができれば苦労しない、と思われそうですね。なかなか自社で ” ユニークなウケるグッズ ” を製作するのは、費用や人的リソースの観点から難しいと思います。

ただ、各ノベルティメーカーも他社との競争の中で、少しでもウケる商品開発に精を出しており、これまでの販売傾向や市場動向などから、定期的に(基本的には3ヶ月ごとに)新しいラインアップを展開しています。
自社で開発するのが難しくても、こういった新アイテムを迅速に察知して自社ノベルティとして扱う、という方法は取り入れやすいかと思います。

もちろん、ウケる商品は他社も扱いたいので、時間が経てばユニーク性は失われるでしょう。ポイントの一つはスピード、そして前述の「名入れ」を組み合わせるやり方ですね。
このブログでは定期的に新商品の紹介をしていきますので、少しでも早く、” ウケるノベルティ ” に出会えるよう、情報を提供していきたいと思います。

さて、長々とノベルティの概要について考えを述べてみましたが、如何だったでしょうか?

内容は引き続き更新していきたいと思っていますし、この記事を書く中でもっと調査したいテーマも出てきましたので、またの投稿をお待ち下さい^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ノベルティグッズのECサイトを運営する中小企業役員。
本ブログを通じ、販促向けの最新/ロングセラー商品紹介やWebサイト制作に役立つ技術情報を発信しています。

目次